有利な金利と手数料でネットバンクを選ぼう!

マージンコール

マージンコールはロスカットされる前に来る連絡で、
FX業者によってない場合もあります。

これは、ロスカットと同じで業者により証拠金の維持率に対する設定が違いますが、
ロスカットの前に来るので、ロスカット率が高い業者はマージンコールが来るのも早くなります。

基本的にマージンコールの通知は、ロスカットの知らせというだけで、
特になにもありません。


これによって、証拠金を追加して維持率を上げロスカットを防ぐことも出来ます。


なぜ、証拠金を追加してまで、ロスカットされないようにする必要があるのかというと、
手数料とスプレッドの問題があるからです。


ポジションが解消されたために、もう一度同じ取引をすることになると、
手数料も取られ、スプレッドも受け取れなくなります。


たまたま、予期せぬ大きな値動きが入ったものの、
想定の値動きをしている場合はポジションを保持したいでしょう。


こんなときに証拠金の維持率を高めるのですが、現金を追加する以外に、
複数のポジションを保持しているならいくつか解消する方法もあります。


ポジション全体の取引額が減るので、元本が増え、
残っているポジションの維持率が上がります。


ハイレバレッジで取引をする場合にはどうしても避けれないことでしょうが、
出来ればレバレッジを抑えて、多少の値動きに耐えられるような取引を心がけたいものですね。

参考サイトまとめ

お金を借りるときに消費者金融情報センター@おすすめの消費者金融一覧を見ると便利です。

MENU