有利な金利と手数料でネットバンクを選ぼう!

他行あての振込手数料が有利

都銀や地銀から他行あての振込を行う場合、3万円未満の振込でも630円程度かかってしまいます。
ネット銀行からの振込であれば、かなり安価な手数料で抑えることが可能です。多々あるネット銀行の中で一番他行あての振込手数料が安いのは、セブン銀行です。他行あての振込手数料は送金金額に関係なく一律210円です。セブン銀行ATMやインターネットバンキング、モバイルバンキングのいずれの場合でも同じ金額で振り込みを行うことができます。

ほかのネット銀行では、3万円をボーダーにて振込金額が変わるところもありますし、ATMを使用した振込とインターネットバンキングの振込でも手数料の取り扱いが変わるところもあります。セブン銀行は、これらの条件は一切関係ありませんので、他行への振込を多く行う方であれば、セブン銀行が一番有利です。

また住信SBIネット銀行は、ネットバンキングでの振込であれば、他行への振り込みは月3回まで無料です。4回目以降でも1回150円(税込)とそれでも振込手数料が安価ですので、気軽に振り込みをおこなうことができます。ちなみに、イーバンク銀行は3万円未満160円、3万円以上250円(いずれも税込)です。

ジャパンネットバンクであれば3万円未満168円、3万円以上262円(いずれも税込)ですので、比較をするといかに他行あての振込手数料を節約できるかお気づきになることでしょう。ましてや、銀行窓口や地銀ATMからの振込と比べても、ネット銀行からの他行あての振込は手数料をかなり節約することができますので、ネットオークションなどをされている方は、ネット銀行の口座を複数持たれてもいいかもしれませんね。

参考サイトまとめ

MENU