有利な金利と手数料でネットバンクを選ぼう!

手数料で得しよう。

ネット銀行の一番の魅力は「手数料が安いこと」にあります。都銀や地銀の振込手数料は同行間でも525円~630円程度と大きな出費になってしまいます。その点、ネット銀行では同行間無料と設定していたり、有料でも同行間52円と安価で振込を済ませることができます。他行あての送金でも安価に振込みを行うことができますので、振込手数料だけ損をすることがなくなります。

また、通信販売でも郵便振替等で支払いを行うとゆうちょ銀行の振替手数料がかかる場合もあります。ネット銀行決済ができる通販会社からの支払いでは、注文時にリアルタイムで支払い決済を行うことができますので、品物がいち早く届くというメリットもあります。

毎日の生活にネット銀行を取り入れていくと、お得さと手軽さが浮き彫りになってきます。いつでもどこでも振込を行うことができますので、仕事帰りに銀行に出向いてATMでの時間外手数料を支払うこともなくなります。また、コンビニATMを使用した時に発生する手数料も無料と設定しているネット銀行がほとんどです。手数料がかかっても所定の回数までは無料・実績に応じて無料とするなどといった条件があるので、条件を満たす取引を行っている方はかなり有利です。

都銀や地銀の良いところもありますが、やはり手数料の出費を比べてしまうと、ネット銀行を利用することが有利な場合もあります。各種支払いをクレジットカード払いや銀行口座振替などに条件を変えるようにし、ネット銀行の口座から料金を引き落としすることで、実績を作りましょう。それだけでも、ネット銀行の口座維持手数料を無料にすることができますし、不要な出費をここでも抑えることができます。

参考サイトまとめ

医療保険は口コミで選ぶな!アナタに必要な医療保険は自分で決める

MENU