有利な金利と手数料でネットバンクを選ぼう!

ロスカット

ここで言うロスカットとは、FX業者のシステムによるものを指します。


言葉を変えると、強制ロスカットとも言いますが、このロスカットのシステムは
顧客の思わぬ損失を防ぐ目的でFX業者が実施しているものなのですが、
証拠金の維持率に対して設定されていて、業者でパーセンテージに幅があります。


FX取引は、レバレッジを使って取引をすることが多いので、
元本の何倍もの取引をしていると、24時間動いている為替市場の場合は
寝ている間に思わぬ損失が出る可能性があるからです。


だから、証拠金(元金)全額を失う前に、ロスカットして持っている
ポジションを解消してくれるので、悪いシステムではありません。


ただし、FX業者によって、証拠金に対する維持率が50%下回った場合や、
2%になった場合などかなりの幅があります。


だから複数のFX業者を使っている場合には、
それぞれの業者に対する確認が必要です。


また、ハイレバレッジが使いたい場合には、
維持率50%の業者は使い難いでしょう。


単純に1ドル100円の時に1万円を証拠金に100倍のレバレッジで、
証拠金維持率が50%でロスカットされるとすると、10000×0.5=5000円になります。


これは、1ドル100.00円のときに、1ドル99.50円になった時点で
強制ロスカットになるので、たった50銭の値動きで証拠金維持率を下回ってしまいます。


ロスカットされた後は、口座の残高は5000円になり、ポジションはなくなります。
だから自分の取引スタイルに応じてFX業者を選ぶことが大切になります。

参考サイトまとめ

MENU